東京都品川区

品川区とは鉄道の交差する現在の東海道53次である。

 

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 品川区の地域情報

品川区は、東京都の南東部に位置し、東京湾に面する臨海部と山の手に連なる台地から形成され、面積は22.72km2で23区では平均的な広さです。
人口は35万人余りで、1964年をピークに減少していましたが、1998年以降は増加に転じています。

品川駅が港区にあるのは、よく知られた話です。
品川駅だけでなく、品川プリンスホテルも品川グランドコモンズも、住所は港区なんです。

代わりに、目黒駅は品川区内にあります。
駅にまつわるトリビアはまだあります。
品川駅より南にあるのに、駅名は北品川。
かつての大崎地区の中心にできたのが五反田駅で、大崎駅は畑の中にありました。

区北部の御殿山、池田山周辺は高級住宅地です。
かつソニーの本社があった大崎から目黒川沿いに東京湾までの一帯は大工場が多く、今もソニーのテクノロジーセンターをはじめ、ニコン、第一三共、明電舎、日本精工などの本社や研究所が集中しています。

大崎駅前、御殿山ガーデン、天王洲アイルは、再開発によって新しいシティコアへと生まれ変わり、高層のオフィス、ホテル、マンションなどが建ち並ぶ街並みに変貌しています。

五反田駅の南側は、TOCを中心とする卸売業の集積地です。
そして区の南西部は、町工場と住宅の密集混在地で、その中に武蔵小山、戸越銀座、中延などの商店街があり、今も活気に溢れています。

区は、「子育てするなら品川区」のスローガンのもと、様々な試みを通して子育て支援に取り組んでいます。
その代表が放課後のケアです。
2010年5月1日現在の学童クラブ登録児童数は8431人で、2位の江戸川区(4517人)を2倍近く上回っています。

★以下全国の市・区合計812内の順位★

総人口 365302人 65/812位
人口増減率(2005年/2010年) 105.5% 48/812位
年少人口率(15歳未満) 10.61% 760/812位
生産年齢人口率(15~64歳) 75.78% 77/812位
高齢人口率(65歳以上) 20.15% 718/812位
総面積 22.72km2 734/812位
年間平均気温 16.2℃ 128/812位
年間降水量 1555.6mm 355/812位
年間日照時間 1856.0時間 491/812位

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

サブコンテンツ

このページの先頭へ